和型

2016.11.25

地形を活かして

今回は、四角形ではなく少し変形した墓所の事例です。

着工前です。

001-png111

赤いラインが境界線です。

前側が狭くなっていますので、いっそのことここは参道にしてしまおう、と。

 

こうなります。

016

道路からの入口にあたりますので、好都合です。

028

仕上げていきます。

032

完成です。

変形部分を、割り切って参道として仕様することで、違和感なく仕上がりました。

033

豪華な印象を受けますね(*^^*)

2016.11.18

見違えます

着工前の墓所です。

002

ここが、見違えます。

 

まずは、掘ります。

010

掘ります。

008

途中経過です。

012

だんだん形が見えてきました。

015

022

013-2

大きな部材ですねー!

017-2

そして、こちらが完成です。

030

※後日施主様がご自分で玉砂利を敷き詰められましたので、今はもっと綺麗です。

032

最初の写真と同じ場所とは思えなくないですか?

㈱石松では、このような造成工事も得意です!

弊社事業のある呉市、東広島市、熊野町、岩国市はもちろん、

広島県内その近郊どこでも行きます!

2016.9.29

黒御影石

よく降りますねぇ。

梅雨よりも降っているんじゃないかってくらいの雨で

現場スケジュールが崩れっぱなしです💦

 

さて、今回はインド産の黒御影石を使用したお墓です。

ここ広島地区では、和型墓石に使用されるのは珍しいですね。

rimg0948

かなりの存在感を醸し出しています。

納骨室の中はこうなっています。

rimg0939

内側の壁3面に阿弥陀様と蓮の花の彫刻を施しています。

 

納骨用の扉を開くと、

rimg0952

美しい阿弥陀様を拝むことができます。

rimg0950

㈱石松では、外からは見えない部分にも、こだわりを持ってお墓づくりをしています。